UNITED HOME ~innocence module~

興味あるコト・モノ

【映画】「画家と庭師とカンパーニュ」

2006年のフランス映画

 

あらすじは

 

フランスの片田舎で

 

元々同級生の画家と庭師が

 

何十年ぶりかに偶然に出会い

 

全く違う人生を歩んできた2人が

 

懐かしみながら

 

過去を振り返りながら

 

再度

 

友情を築いて行くという話

 

田舎風景と

 

登場人物のキャラクターが

 

心地よく

 

昼下がりの公園のような

 

はたまた休日の昼寝のような

 

本当に

 

気持ちの晴れる作品

 

バイクを犬が追っかけてきて

 

「来るな、クソ犬!」

 

というシーンが好きかな

 

夏が終わると

 

影が青みがかった黒になる

 

人を

 

影と天気で隠喩するシーンは

 

印象的

 

子供から

 

大人になり

 

また子供に戻る

 

子供のときは

 

大人にあこがれ

 

大人のときは

 

子供に憧れる

 

お互いの全く別の人生に感化されつつ

 

そんな

 

いわゆる「人生の矛盾」的なものを

 

考えさせてくれた映画

 

こんなにも

 

クラシックというか

 

モーツァルトが

 

綺麗に聞こえてきたのは

 

初めて

 

是非